teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:竹ノ塚タケヲ  投稿日:2020年11月23日(月)15時54分0秒
返信・引用 編集済
  一般的にはウェザー・リポートの代表作は
1977年のアルバム「ヘヴィー・ウェザー Heavy Weather」
と言われています。

最初の3曲が

1.「バードランド  "Birdland"」
2.「お前のしるし  "A Remark You Made"」
3.「ティーン・タウン  "Teen Town"」

・・・・という並びで、
ウェザーの人気曲が並んでいる、
というのがその所以であるかと。







私は1曲目の「Birdland」がかなりキライ。
たいがいは飛ばします。
とは言っても、先日ご紹介した2曲目の
「A Remark You Made」はしっとり過ぎて
1曲目に聴くにはふさわしくない。
そこで3曲目「Teen Town」を聴いてから
2曲目に戻る、みたいなことをしてます。


まあ、何と言っても
縦横無尽なジャコのベースですね。










メンバーは
ジョー・ザヴィヌル(首謀者):キーボード
ウェイン・ショーター:ソプラノサックス
ジャコ・パストリアス:ベース
アレックス・アクーニャ :ドラム

なのですが、
次のアルバム、1978年「ミスター・ゴーン Mr. Gone」で
ドラムが交代して
以下のベストメンバーが揃います。


ジョー・ザヴィヌル:キーボード
ウェイン・ショーター:ソプラノサックス
ジャコ・パストリアス:ベース
ピーター・アースキン:ドラム




ちなみにこのあとアースキンが脱退、
後任はさる氏にも馴染みがあるオマー・ハキム。

ウェザー解散後にハキムは
セッションドラマーとして引っ張りだこになります。

スティング「ブルータートルの夢」、
ダイアーストレイツ「ブラザーズ・イン・アームズ」、
ボウイ「レッツ・ダンス」と「トゥナイト」を半分ぐらい、
などなど。
特に「モダン・ラヴ」のビシビシしたスネアはたまらんですね。
スネアのチューニングがかなり高めなのですね。


ちなみに渡辺香津美「TOCHICA」の
レコーディングはアースキン、
TOCHICA国内ツアーはハキムでした。

 
 

(無題)

 投稿者:竹ノ塚タケヲ  投稿日:2020年11月23日(月)13時16分50秒
返信・引用
  なんとかしてくれ。  

(無題)

 投稿者:竹ノ塚タケヲ  投稿日:2020年11月23日(月)08時40分59秒
返信・引用 編集済
  パトロールへとお出かけの茶ネコ君。
呼び止めると…戻ってきました。
 

(無題)

 投稿者:竹ノ塚タケヲ  投稿日:2020年11月22日(日)08時46分31秒
返信・引用 編集済
  茶ネコ君の定位置にキジトラ君が。
一方の茶ネコ君は爆睡中でした。
 

(無題)

 投稿者:竹ノ塚タケヲ  投稿日:2020年11月22日(日)07時19分28秒
返信・引用
 
ツワモノ揃いはお嫌いかと?
 

(無題)

 投稿者:さるマネ  投稿日:2020年11月22日(日)03時26分51秒
返信・引用
 
ウエザーリポートいい感じじゃないですか。好みです。
 

(無題)

 投稿者:竹ノ塚タケヲ  投稿日:2020年11月21日(土)17時36分58秒
返信・引用
  1976年
エレクトリック・ライト・オーケストラ
「テレフォン・ライン」
from アルバム「のオーロラの救世主 A New World Record」




当時から好きなバンドでした。
この曲もヘビーローテーションで聴いてたし、
いま聴いても飽きません。

しかしジェフ・リンが
ビートルズフリークであることは知りませんでした。

そののちに
ジョージ・ハリスン「クラウド・ナイン」を
いい感じでプロデュース。

それが縁で
ビートルズ・リユニオン曲をプロデュース。

それを気に入ったポールが
「フレイミング・パイ」のプロデュースを依頼。
これまた、イイ感じのアルバムに。

好きこそものの上手なれ、を
音楽で示してくれたのです。
 

(無題)

 投稿者:竹ノ塚タケヲ  投稿日:2020年11月21日(土)08時47分16秒
返信・引用 編集済
  今朝もあったかい。  

(無題)

 投稿者:竹ノ塚タケヲ  投稿日:2020年11月20日(金)21時42分35秒
返信・引用
 
しかしまあ、どの町へ行っても
飲み屋はほぼ満員。
何事も起きていないかのように
ガヤガヤ、ワイワイやっとる。

大半が二十代前半より若いニイチャンだが
路上ででかい声を張り上げて
大人数で練り歩いとる。
 

(無題)

 投稿者:さるマネ  投稿日:2020年11月20日(金)20時05分35秒
返信・引用
  コロナはえらいことになってきましたな。  

(無題)

 投稿者:竹ノ塚タケヲ  投稿日:2020年11月20日(金)14時19分41秒
返信・引用 編集済
  1979年
クリストファー・クロス「セイリング」
from アルバム「南から来た男」






顔は悪い、スタイルも悪い、
ファッションセンスは最悪、
ダブルネックを持つ必要もなし。

しかし声は美しく、いい曲を書く。
 

(無題)

 投稿者:竹ノ塚タケヲ  投稿日:2020年11月18日(水)22時56分56秒
返信・引用
 
ドキッ!
バレたか。

隠してたんだけどなぁ、
ご指摘のとおり、
10代の頃は爽やか系が好きでした。

当時はメロディとかにしか
耳がいかなかったからかな。
 

(無題)

 投稿者:さるマネ  投稿日:2020年11月18日(水)22時09分35秒
返信・引用
 
概してタケさんは音楽の趣味がいいよね。さわやか系?
 

(無題)

 投稿者:竹ノ塚タケヲ  投稿日:2020年11月18日(水)21時22分33秒
返信・引用
  1978年
イアン・マシューズ「Shake It」
from アルバム「Stealin' Home 」





フェアポート・コンヴェンションを脱退したマシューズのソロ。
当時ものすごく好きで、毎日ヘビーローテーションで聴いてました。
 

(無題)

 投稿者:竹ノ塚タケヲ  投稿日:2020年11月18日(水)21時10分51秒
返信・引用
  1972年
ギルバート・オサリバン「Clair クレア」
from アルバム「Back to front」





オサリバンは「アローン・アゲイン」ばかりが目立ってますが
これはその次に出たシングル。
やさしく、キレイな曲です。
 

(無題)

 投稿者:竹ノ塚タケヲ  投稿日:2020年11月18日(水)21時04分9秒
返信・引用 編集済
  1973年
スティ-ヴ・ミラー・バンド「The Joker」
from アルバム「The Joker」

 

(無題)

 投稿者:竹ノ塚タケヲ  投稿日:2020年11月18日(水)20時49分30秒
返信・引用 編集済
  1977年
ウェザー・リポート「A Remark You Made」
from アルバム「Heavy Weather」





ジョー・ザヴィヌル:キーボード
ウェイン・ショーター:ソプラノサックス
ジャコ・パストリアス:ベース
アレックス・アクーニャ :ドラム
 

(無題)

 投稿者:竹ノ塚タケヲ  投稿日:2020年11月18日(水)15時08分31秒
返信・引用 編集済
  今日はお休みをとって
一日中原稿に取り組む日。
書けませんけどね(苦笑)。

東京の感染者数は493人と過去最高。
これ、年内に1000人超えするんじゃね?

お昼はサウリァであれこれ。
画像はチキンチョイラ。
鶏肉にスパイスとハーブを加えて
2日間寝かせてから石窯で焼いた
ネパールのグリル。
かなり美味しいけど、ちょっと塩っぱい。
 

(無題)

 投稿者:竹ノ塚タケヲ  投稿日:2020年11月18日(水)11時20分44秒
返信・引用 編集済
  これを読め、ということなのか?
やはり鈴鹿の猿田彦総本宮、
椿大神社のようです。

「つばきだい神社」とかではなく、
「つばきおおかみやしろ」と読むのですね。
 

(無題)

 投稿者:竹ノ塚タケヲ  投稿日:2020年11月17日(火)22時44分54秒
返信・引用
  これは・・・・
メンバー全員がラリッてますね。
キースは中毒者の頬のこけ方だし、
ミックは目線がイッちゃってます。


 

レンタル掲示板
/574